RSS
仙台 鹿島 浦和 大宮 FC東京 川崎F 横浜FM 湘南 甲府 新潟 磐田 名古屋 G大阪 神戸 広島 福岡 鳥栖
札幌 山形 水戸 群馬 千葉 東京V 町田 横浜FC 松本 金沢 清水 岐阜 京都 C大阪 岡山 山口 讃岐 徳島 愛媛 北九州 長崎 熊本

讃岐、来季のJ1ライセンス不交付の見通し…新たに加わった交付規定により

2015年06月25日 11:42 | 讃岐
このエントリーをはてなブックマークに追加
カマタマ、来季のJ1ライセンス不交付の見通し

Jリーグの参加資格となるクラブライセンス制度で、カマタマーレ讃岐に2016年シーズンのJ1ライセンスが交付されない見通しとなったことが24日、分かった。クラブハウスを併設する専用トレーニング施設の確保を求めた交付要件を満たしていないのが理由。カマタマーレが今季、最終的にJ1昇格に必要な順位をクリアしても、来季もJ2となる。

Jリーグによると、来季からのJ1ライセンスについて「年間を通じ、専用もしくは優先的に利用できるトレーニング施設を有していなければならない」との交付規定が新たに加わった。

Jリーグが求めるトレーニング施設の概要はクラブハウス、天然芝ピッチ、観覧エリア。クラブハウスにはジム、更衣室、ミーティングルームのほか、メディアの取材対応スペースなどを設けなければならない。

カマタマーレは現在、専用の練習場を保有していない。トップチームは高松市東部運動公園などの公共施設や大学所有のグラウンドを借りて、練習している。ライセンス申請は今月末が期限となっており、来季以降も専用施設を確保できるめどが立っていない。
(以下略)

・・・記事全文はこちら
[四国新聞社]
http://www.shikoku-np.co.jp/sports/kamatamare/20150625000135




※以下、Twitterの反応まとめです。

スポンサードリンク







スポンサードリンク

おすすめサイトの最新記事

讃岐 の関連記事


2015年06月25日 11:42   讃岐 | コメント(1)


コメント一覧


  1. 名無しさん    2015/06/26 17:58

    まあ昇格は現実的じゃないし、現状はJ2ライセンスを安定して取れてればそれでOKじゃないかね。





コメントする