RSS
仙台 鹿島 浦和 大宮 FC東京 川崎F 横浜FM 湘南 甲府 新潟 磐田 名古屋 G大阪 神戸 広島 福岡 鳥栖
札幌 山形 水戸 群馬 千葉 東京V 町田 横浜FC 松本 金沢 清水 岐阜 京都 C大阪 岡山 山口 讃岐 徳島 愛媛 北九州 長崎 熊本

新国立競技場、命名権販売を検討…200億円の捻出めざす

2015年06月30日 12:08 | 日本代表
このエントリーをはてなブックマークに追加
新国立競技場の命名権売却しても970億円不足

2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、主要組織のトップが重要事項を協議する調整会議が29日、行われた。出席した下村博文文部科学相(61)は会議終了後、主会場となる新国立競技場の建設にかかる総工費2520億円の財源として、「競技場の命名権(ネーミングライツ)の売却を検討する」との考えを示した。財源確保に苦しむ中、民間に「新国立」の金看板を売却するという突然のトップの発言に、省内から戸惑いの声が漏れた。

下村文科相は、新国立競技場の建設費が昨年5月時点から約900億円上積みした2520億円になることを正式に発表した。会議では、競技場の完成が当初の予定より2か月遅れ、19年5月になることも明らかにした。

文科省は、これまで建設費の財源として、スポーツ振興くじ「toto」の2年分の年間売り上げの5%となる約110億円と国費約390億円を確保した。今後、選手強化などのために使う「スポーツ振興基金」の政府出資分の一部を切り崩すなどして充当するつもりだが、それでも財源の不足分を補えない。

財源のメドが立たない中、下村文科相はこの日突然、「命名権の販売を検討している」と明言。国立の施設で命名権売却は極めて異例だが「整備費2520億円はやはり高い。民間からの寄付を含め、できたら200億円くらいは集めたい」と話した。「新国立」の金看板を民間に売ってしまえば、1958年に命名されてからアスリートの憧れだった「国立競技場」の名前が消滅する。裏を返せば、それほど財源確保に苦心している表れで下村氏の発案は、まさに苦肉の策と言える。
(以下略)

・・・記事全文はこちら
[スポーツ報知]
http://www.hochi.co.jp/topics/20150629-OHT1T50238.html




※以下、Twitterの反応まとめです。

スポンサードリンク





















スポンサードリンク

おすすめサイトの最新記事

日本代表 の関連記事


2015年06月30日 12:08   日本代表 | コメント(1)


コメント一覧


  1. 名無しさん    2015/06/30 13:41

    普通のデザインにすれば良いのに
    そうすれば1000億円で建つよ





コメントする