RSS
仙台 鹿島 浦和 大宮 FC東京 川崎F 横浜FM 湘南 甲府 新潟 磐田 名古屋 G大阪 神戸 広島 福岡 鳥栖
札幌 山形 水戸 群馬 千葉 東京V 町田 横浜FC 松本 金沢 清水 岐阜 京都 C大阪 岡山 山口 讃岐 徳島 愛媛 北九州 長崎 熊本

【U-23】神戸DF岩波拓也リオ絶望も…OA枠で川崎F・DF谷口彰悟が急浮上!

2016年05月23日 12:29 | 日本代表  | 川崎F  | 神戸
このエントリーをはてなブックマークに追加
【U23】岩波リオ絶望、OA枠で川崎DF谷口浮上

◆サッカー トゥーロン国際大会第4日 日本1―2パラグアイ(21日、フランス・オーバーニュ) 

【トゥーロン(フランス)22日=田中雄己】1次リーグB組のU―23日本代表は、初戦のパラグアイ戦に1―2で敗戦。負傷交代したDF岩波拓也(21)=神戸=とDF亀川諒史(22)=福岡=が救急車で搬送され、五輪絶望の可能性も出てきた。1月の五輪アジア最終予選に出場したDF陣は、植田直通(21)=鹿島=以外全員が負傷離脱。24歳以上のオーバーエージ枠(OA)候補に川崎DF谷口彰悟(24)が急浮上した。
(中略)
大会直前には左脛骨(けいこつ)骨折でDF奈良竜樹(22)=川崎=が五輪絶望。主力DF陣は植田以外が全員負傷離脱となり、この日までに川崎のDF谷口がOAの有力候補に浮上したことが分かった。

複数の日本協会関係者によると、谷口は川崎のリーグ暫定首位に主力として貢献。センターバック(CB)、サイドバック、ボランチを高いレベルでこなす能力を手倉森監督は高く評価。大津高(熊本市)出身で植田の先輩でもあり、高校・大学では主将を務めるなどキャプテンシーも兼ね備えている。最終ラインの人材不足に陥ったチームにうってつけの存在だ。

当初、手倉森監督はOA枠について「CBとボランチは申し分ない」としていたが、けが人が続出し、人選の再考を余儀なくされていた。

・・・記事全文はこちら
[スポーツ報知]
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20160523-OHT1T50002.html

 


※以下、Twitterの反応まとめです。

スポンサードリンク






























スポンサードリンク

おすすめサイトの最新記事

川崎F の関連記事


2016年05月23日 12:29   日本代表 川崎F 神戸 | コメント(1)


コメント一覧


  1. 名無しさん    2016/05/23 22:37

    もうやめて。DF陣薄いんだからイケメン抜けたらもうやってけないから。他に名前出てる選手もいたし、槇野か森重とか太田宏介とかじゃいけないの?太田はうしろからビルドアップできていいと思うよ。





コメントする