RSS
仙台 鹿島 浦和 大宮 FC東京 川崎F 横浜FM 湘南 甲府 新潟 磐田 名古屋 G大阪 神戸 広島 福岡 鳥栖
札幌 山形 水戸 群馬 千葉 東京V 町田 横浜FC 松本 金沢 清水 岐阜 京都 C大阪 岡山 山口 讃岐 徳島 愛媛 北九州 長崎 熊本

名古屋、テクニカルアドバイザーでボスコ入閣 ピクシー体制の戦術担当

2016年07月28日 12:51 | 名古屋
このエントリーをはてなブックマークに追加
テクニカルアドバイザーでボスコ入閣

名古屋グランパスは27日、名古屋市内で定時取締役会を開き、小倉隆史GM兼監督(43)の留任と、08年から6年間コーチを務めたセルビア人のボスコ・ジュロブスキーさん(54)の入閣を承認した。ただこの人事に株主でもある社外取締役陣から疑問が噴出。現体制で参謀役を務めているステンリー・ブラードコーチ(57)も留任するため、内部分裂を危惧された。チームはこの日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習を行った。

[中日スポーツ]
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201607/CK2016072802000107.html




※以下、Twitterの反応まとめです。

スポンサードリンク

































スポンサードリンク

おすすめサイトの最新記事

名古屋 の関連記事


2016年07月28日 12:51   名古屋 | コメント(1)


コメント一覧


  1. 名無しさん    2016/07/31 08:50

    今の名古屋にやろうとしてることなんて無いから、最低限方向性を与えられる人間なら誰でも良いけど、それがボスコなら最低限ってレベルではなく期待できるな。





コメントする