RSS
仙台 鹿島 浦和 大宮 FC東京 川崎F 横浜FM 湘南 甲府 新潟 磐田 名古屋 G大阪 神戸 広島 福岡 鳥栖
札幌 山形 水戸 群馬 千葉 東京V 町田 横浜FC 松本 金沢 清水 岐阜 京都 C大阪 岡山 山口 讃岐 徳島 愛媛 北九州 長崎 熊本

Jリーグ、来季から降格クラブに救済金 経営悪化を防ぐ狙い

2016年09月21日 11:25 | Jリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加
来季から降格クラブに救済金 経営悪化を防ぐ狙い…J理事会

Jリーグは20日、都内で理事会を開き、来季から“パラシュートペイメント”を導入する方針を固めた。

下部リーグに降格するクラブに対する救済金で、経営悪化を防ぐ狙いがある。来季から英パフォーム・グループと10年総額2100億円の放映権契約を締結。村井チェアマンは「J1がどう変わるかにプライオリティーを置く。J1に厚く配分することはJ2、J3からも同意をいただいた」と分配金に言及し「降格クラブに対する救済金の議論も必要。何年間か、いくらかは決まっていない」と語った。
(以下略)

・・・記事全文はこちら
[スポニチ]
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/21/kiji/K20160921013393780.html




※以下、Twitterの反応まとめです。

スポンサードリンク























スポンサードリンク

おすすめサイトの最新記事

Jリーグ の関連記事


2016年09月21日 11:25   Jリーグ | コメント(1)


コメント一覧


  1. 名無しさん    2016/09/21 11:59

    お金の使い道をあげつらっても
    全部やったら倒産するから気をつけろよな





コメントする